2012年3月の記事一覧

投資信託というと昔は何百万円、何千万円単位の資産が必要だというイメージがありましたが、いまはそんなことはありません。
証券会社に口座がないと投資信託の商品は購入出来なかったということも障壁になっていましたが、いまは銀行や郵便局でも投資信託の商品を扱えるようになって、小口の投資家が増えました。

投資信託による資産運用は、1万円からでも投資できます。

投資信託は、銀行や証券会社等の金融機関を通じて、数多くの投資家から資金を集めているので、ひとり1万円程度の投資でも集まれば巨額になるのです。
集まった資金で、国内外の株式や債券、不動産等に投資をして運用し、利益を出し、再び投資家に利益を分配するのが投資信託のしくみです。


いまでも金融機関は大きな金額を勧めてくることがありますが、少額からスタートするほうがよいでしょう。
自分で運用してみて、どのくらいの利益が出るのか、リスクはどのような感じかを肌で感じてから、だんだんと大きな金額を入れていけばいいのです。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

株にのめりこんでいる人は、俯瞰できなくなって、心のゆとりがなくなるものです。


株式市場にはりついていないと落ち着かないという投資家も多いですが、だからといって成績が良い人ばかりではありません。

利益を出したときには株を売却したあと、相場から離れてみるのはいかが?

俯瞰の目がまた戻ってくるかもしれません。

利益を出したときでないと余裕がないので、離れにくいです。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

株価の天井で売却すれば儲かるのは当然ですが、それを実際に予測するのはものすごく難しいことです。


考えてみればわかりますね。


天井をつけるのは一日、多くの場合数分間程度のまばたきのような時間です。
わかるわけがありません。


だから普通は、「もうはまだなり」。
(もう株価が天井!と思って売っても、まだ上昇し続ける)


「まだはもうなり」
(株価がまだまだ上がり続ける!と思って待っていると、ピークがすぎて下落!)


過去のチャートを見れば、簡単なような気がしてしまうのですが。。。


 
「名人、天井売らず底買わず」
ということばもあります。
底値で買って天井で売るなんて名人でもできない。という意味で、
株で財をなす名人ももっと細かいポイントで売買をしているのです。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

損切りは重要だということ。
これはいけると思って買った銘柄が値下がりすると、人間としては当然もとに株価に回復するまで待ちたいという気持ちが芽生えますが、そこはさっさと損切りしろ!ということ。

「売りは早かれ、買いは遅かれ」
ということばも。
上昇と下落を比べれば、下落のほうがスピードが早いことが多いです。
だから下落し始めたときには、さっさと対処しなければなりません。
「いつかは買値に戻る」なんて思わないこと。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

このページの上部へ