緊迫した状態の続く日中関係。
こんな中で中国株を投資対象のひとつに組み入れていくのは得策でしょうか?


中国は数年前まではっきりとバブルでしたので、買ったらすぐに株価が数倍に上がる!というような良い株がたくさんありました。

北京オリンピックや上海万博のころの勢いはすさまじく、中国株に投資することは夢のある行為でしたね。


中国の経済成長は続いていますが、明らかに以前の勢いはありません。
中国株の株価も安くなっています。


これはひとつのチャンス。
不安定な要素はたくさんあり、リスクは常につきまといますが、長期的に見れば中国経済はまだ伸びしろがありますから、チャレンジするのはありですね。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする