「割安株投資」ともいわれるバリュー投資


今の株価以上の価値があるのに、なにかの理由で今は割安になっている銘柄を探し出して買いを入れることがバリュー投資です。

プラスのケースを考えれば、これから企業がぐんと成長しようとしている成長株。
バリュー投資=グロース投資といえるケースですね。

マイナスのケースで考えられるのは、今まで評価の安定していた優良企業が大きなスキャンダルなどで一気に経営破綻に向かっている場合。
こういったケースではもう上がらないかもしれませんので、買うわけにはいきません。


株価が割安になっている銘柄を見つけた時は、喜んですぐ買ってしまいがちですが、その理由をしっかり分析してから投資をしなければなりません。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする