head_kabu.jpg

株式投資 一覧

緊迫した状態の続く日中関係。
こんな中で中国株を投資対象のひとつに組み入れていくのは得策でしょうか?


中国は数年前まではっきりとバブルでしたので、買ったらすぐに株価が数倍に上がる!というような良い株がたくさんありました。

北京オリンピックや上海万博のころの勢いはすさまじく、中国株に投資することは夢のある行為でしたね。


中国の経済成長は続いていますが、明らかに以前の勢いはありません。
中国株の株価も安くなっています。


これはひとつのチャンス。
不安定な要素はたくさんあり、リスクは常につきまといますが、長期的に見れば中国経済はまだ伸びしろがありますから、チャレンジするのはありですね。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

不況続きのご時世では株がぐんぐんと上がるということはそうそうあるものではありません。
それでも利益を出そうと思えば、一度購入した株を売却し、もっと値下がりした時点で再び購入するという方法もあります。
そのまま保有し続けた場合に比べ、一度売って再度下がった値段で買い戻したほうがより安く株を買えたことになりますね。
差額が買い戻し利益です。

先に売って後から買い戻して利益を出す方法もあります。
「信用売り」といいます。
これなら株価が下降していく相場でも利益を出していくことができますね。


ただし、信用取引は初心者向きではありません。
大きな損害を出すケースがありますから、まず信用取引からスタートというようなことはしないほうがよいでしょう。

株は安い時に買って、値上がりした時に売って利益を出すというのが王道。キャピタルゲイン。
値段が低いときに、または、今後値上がりするだろうと予想できた時に株を購入するのが基本です。
あまりアクロバティックな裏技チックな発想に走らないようにすべきです。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

株リッチ・プロジェクト」を手に入れれば、以下の重要なポイントがわかるようになります。

● 売買の対象となる銘柄

● その銘柄の売買タイミング

● 利益確定、損切り方法

いつどのようなタイミングで、その銘柄に投資をすればいいのか?という問題は難問ですね。
投資家はここがわからず不安なので、投資顧問会社や、投資情報サービス会社に入会して頼るという選択肢を取ります。

しかし、何十年も前からそのような方法ではうまくいかないことが証明されています。

投資顧問会社や投資情報サービス会社は過去のデータを持っているだけで、あなたに有効なアドバイス(や予言)はできないのです。

株リッチ・プロジェクト」を利用すれば、『投機筋』の動きに着目し、スムーズに「相場の初動段階」を見つけられるようになります。
解説は動画もあり、書籍などよりもスッと腑に落ちるはず。
再現性の高い投資手法ですので、入手さべきですよ。(この記事を作成した時点で300名限定とのアナウンスが出ています。お早めに。)


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

投資信託というと昔は何百万円、何千万円単位の資産が必要だというイメージがありましたが、いまはそんなことはありません。
証券会社に口座がないと投資信託の商品は購入出来なかったということも障壁になっていましたが、いまは銀行や郵便局でも投資信託の商品を扱えるようになって、小口の投資家が増えました。

投資信託による資産運用は、1万円からでも投資できます。

投資信託は、銀行や証券会社等の金融機関を通じて、数多くの投資家から資金を集めているので、ひとり1万円程度の投資でも集まれば巨額になるのです。
集まった資金で、国内外の株式や債券、不動産等に投資をして運用し、利益を出し、再び投資家に利益を分配するのが投資信託のしくみです。


いまでも金融機関は大きな金額を勧めてくることがありますが、少額からスタートするほうがよいでしょう。
自分で運用してみて、どのくらいの利益が出るのか、リスクはどのような感じかを肌で感じてから、だんだんと大きな金額を入れていけばいいのです。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

株にのめりこんでいる人は、俯瞰できなくなって、心のゆとりがなくなるものです。


株式市場にはりついていないと落ち着かないという投資家も多いですが、だからといって成績が良い人ばかりではありません。

利益を出したときには株を売却したあと、相場から離れてみるのはいかが?

俯瞰の目がまた戻ってくるかもしれません。

利益を出したときでないと余裕がないので、離れにくいです。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

株価の天井で売却すれば儲かるのは当然ですが、それを実際に予測するのはものすごく難しいことです。


考えてみればわかりますね。


天井をつけるのは一日、多くの場合数分間程度のまばたきのような時間です。
わかるわけがありません。


だから普通は、「もうはまだなり」。
(もう株価が天井!と思って売っても、まだ上昇し続ける)


「まだはもうなり」
(株価がまだまだ上がり続ける!と思って待っていると、ピークがすぎて下落!)


過去のチャートを見れば、簡単なような気がしてしまうのですが。。。


 
「名人、天井売らず底買わず」
ということばもあります。
底値で買って天井で売るなんて名人でもできない。という意味で、
株で財をなす名人ももっと細かいポイントで売買をしているのです。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

損切りは重要だということ。
これはいけると思って買った銘柄が値下がりすると、人間としては当然もとに株価に回復するまで待ちたいという気持ちが芽生えますが、そこはさっさと損切りしろ!ということ。

「売りは早かれ、買いは遅かれ」
ということばも。
上昇と下落を比べれば、下落のほうがスピードが早いことが多いです。
だから下落し始めたときには、さっさと対処しなければなりません。
「いつかは買値に戻る」なんて思わないこと。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

ミニ株やまめ株、プチ株、S株等をご存知でしょうか?

まめ株プチ株S株はミニ株よりもっと小さな単位の株です。

一般サラリーマンなど個人投資家のために登場したのがミニ株のようなもの。

いままでの株式投資ではまとまったお金が必要でした。
とりあえず100万円必要という銘柄も多いです。


ミニ株であれば、単位株の10分の1ずつの単位で売買が可能となります。
これならだいぶん気軽にいろいろな銘柄の株を売買できますね。


ただし制約はそれなりにあって、ミニ株に対応していない銘柄も存在しますし、売買単位が1株の銘柄は扱えません。手数料が余分にかかるといったデメリットも。


扱う株を小分けにするのはリスク分散になりますので、個人投資家ならミニ株などを積極的に利用していくと良いでしょう。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

略してBDとも呼ばれるバイナリーオプション取引
日本では比較的新しい分野の取引方法です。


バイナリー」は、英語で2進数を意味します。
なので、バイナリーオプション取引とは上か下か、二つに一つを選択するオプション取引になります。

最終的に上回って引けるか、下回って引けるかを予想するだけのシンプルな投資方法です。

バイナリーオプションは短期取引です。
最長で24時間になっていて、取引出来る銘柄や取引時間も最初から決まっています。

損切りが出来なくていつまでも持ち越すといった心配がないのがいいですね。

買うときに前もって最大損失額が決定できますから、株のように資金を超える損失を出すこともありません。リスク管理がしやすい投資法といえるでしょう。

総合的に個人投資家に向いた投資方法といえます。

あなたも挑戦してみては?


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

移動平均線とは、一定期間における株価の終値の平均値を割り出してグラフ化したもの。
株価のチャート上の折れ線グラフのような線です。


日足であれば、5日移動平均線(約1週間分)、25日移動平均線(約1ヶ月分)、75日移動平均線(約3ヶ月分)等です。


週足では、13週移動平均線(約3ヶ月分)、26週移動平均線(約半年分)、52週移動平均線(約1年分)等。

平均を取る一定期間が長ければ、現在の株価に影響されず緩やかな形となり、長期的な相場の流れを知るのに役立ちます。
短ければその反対です。


移動平均線にロウソク足を組み合わせれば、相場の流れを予測しやすくなって、株価の転換期が発見しやすくなるでしょう。

現在の株価がこの移動平均線よりも上にあれば「強気の局面」、下にあれば「弱気の局面」ともいわれます。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする

このページの上部へ