投資信託というと昔は何百万円、何千万円単位の資産が必要だというイメージがありましたが、いまはそんなことはありません。
証券会社に口座がないと投資信託の商品は購入出来なかったということも障壁になっていましたが、いまは銀行や郵便局でも投資信託の商品を扱えるようになって、小口の投資家が増えました。

投資信託による資産運用は、1万円からでも投資できます。

投資信託は、銀行や証券会社等の金融機関を通じて、数多くの投資家から資金を集めているので、ひとり1万円程度の投資でも集まれば巨額になるのです。
集まった資金で、国内外の株式や債券、不動産等に投資をして運用し、利益を出し、再び投資家に利益を分配するのが投資信託のしくみです。


いまでも金融機関は大きな金額を勧めてくることがありますが、少額からスタートするほうがよいでしょう。
自分で運用してみて、どのくらいの利益が出るのか、リスクはどのような感じかを肌で感じてから、だんだんと大きな金額を入れていけばいいのです。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする