株式投資初心者なら、チャートやロウソク足を理解するは最も重要なことのひとつです。
チャートやロウソク足を無視して取引を行うのはたいへん危なっかしいもの。

【チャート】
チャートは、年、月、週、日、時間ごとに株価を並べて、対象としている銘柄の株価の推移を判りやすくグラフにしたものです。これによって現在のトレンドや長期的に見た株価の流れ、転換期等が読み取っていきます。
売買のタイミングはチャートから引き出すのです。


【ロウソク足】
チャートの中の棒状のものがロウソク足です。その時の株価の始値と終値、そして、その値幅が一目で判るようになっている便利な図です。
ロウソクの本体部分が白い(陽線)なら、始値よりも終値の方が高かった事を示し、塗りつぶされている(陰線)なら、始値よりも終値の方が低かった事になります。
上下にヒゲが出ていれば、その時の高値、安値を示しています。


これから先の株価の流れはチャートとロウソク足からかなり読めます。

チャートやロウソク足には慣れ親しんでおきたいものです。


》 》 あなたの株式投資を有利にする人気マル秘教材ランキングをチェックする